災害ボランティア

災害ボランティアとは

大規模な地震や風水害などが発生した場合、多くの人命・財産が失われるとともに、その後の生活を送る中、自らの力だけでは解決できない課題を抱え、支援を必要とする多くの被災者が生じます。

このような人たちのために、生活(地域)の復旧・復興に向けた様々な活動を行う人を「災害ボランティア」と言い、被災地の住民と協力して活動を行います。

disaster01.jpg

 

災害ボランティアセンターとは

災害ボランティアセンターは、災害時に、被災地でボランティア活動を行うための拠点となる場所です。「被災者を支援したいボランティアのニーズ(思い)」と「支援を受けたい被災者のニーズ(困りごと)」の窓口となり、双方の思いを「調整し・つなぐ」役割があります。
被災者のニーズの把握に努め、その解決を図るための役割や被災からの復旧期のみならず、その後の復興期でも被災者とかかわりをもち、支援を続ける役割も担っています。

葛飾区社会福祉協議会は、葛飾区と「災害時におけるボランティア活動等に関する協定」を結んでおり、区内で大規模災害が発生した場合、葛飾区からの要請に基づき、災害ボランティアセンターを設置します。
そのため、日頃から「災害ボランティアセンターの立ち上げ訓練」や講座等を行い、災害時対策を行っています。

 

災害ボランティア講座

ボランティアを対象として、災害時におけるボランティアのあり方や活動知識を深めるため、区や関係団体等の協力を得て、講座を開催します。

開催報告はこちら

 

災害ボランティア支援

「災害ボランティアセンター」を機能させるためには、区民の皆様の力が必要です。
定期的な研修により、災害ボランティアリーダー及び災害ボランティアのスキルアップを支援します。

 

災害情報

 

この情報はお役にたちましたか?

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。

このページは理解できましたか?

理解できた  どちらともいえない  理解できなかった 

このページは見つけやすかったですか?

見つけやすかった  どちらともいえない  見つけにくかった 

ご意見、ご感想

このページに関してご意見がありましたらご記入ください(500字以内)。ページ内容改善の参考とさせていただきます。この欄からのご意見・問い合わせには返信できませんのでご了承ください。
返信を要する質問・ご意見は、お問い合わせからお願いします。

葛飾区社会福祉協議会

お問合せ

  • 住所
    〒124-0006 東京都葛飾区堀切3-34-1
    地域福祉・障害者センター(ウェルピアかつしか)【 交通アクセス
  • 電話 / FAX
    電話:03-5698-2411(代表) / FAX:03-5698-2513(代表)
  • 受付時間
    午前8時30分から午後5時(土・日・祝日・年末年始は休み)
    ※ボランティア・地域貢献活動センター 第1・3土曜日 開所
    ※ファミリー・サポート・センター 第3土曜日 開所(予約制)

Copyright © 2014 KATSUSHIKA Council of Social Welfare. All Rights Reserved.

福祉のためにできる事が身近にあるよ!