研修・講座・福祉教育

ボランティア・NPO入門講座

ボランティアやNPOなどの地域貢献活動をこれから始めようと考えている方、関心を持っている方を対象としています。
講座では、みなさまの地域貢献活動に対する疑問にわかりやすくお答えいたします。
ぜひ、活動へのはじめの一歩を踏みだしてみませんか?

lecture01.gif

 

ボランティア養成講座

点字・音訳・食事サービスボランティアなど専門的なボランティア活動に特化した内容の講座です。講座受講後、関連団体の活動に参加するなど活動への近道となる講座です。

令和2年度 図書修理ボランティア養成講座実施報告
令和2年度 音訳ボランティア養成講座(基礎)実施報告

 

かつしかボランティア学

ボランティアに興味・関心のある一般区民を対象に、身近な福祉課題を取り上げ、地域でのボランティア活動の必要性を伝え、実践活動へつなげます。

かつしか区民大学単位認定講座
令和元年度 開催報告(春期)
令和元年度 開催報告(秋期)

 

福祉教育推進協力校

区内の小学生・中学生・高校生を対象に、福祉への理解を深め、福祉やボランティア活動への参加促進を目的に実施しています。
つきましては、学校に対して【福祉教育推進協力校】と指定し、助成金を交付することで、「総合的な学習の時間」「奉仕体験学習」などにおける福祉教育推進・ボランティア学習に活用してもらいます。

 

梅田小学校

◆福祉教育の実績

  • 出前講座(車いす体験、手話体験、アイマスク・ガイドボランティア体験)年間1回
  • 募金活動(校内でユニセフ募金)年間1回
     

◆メッセージ

ボランティアの方々を触れ合うことで、「自分たちも進んで声をかけられる人になりたい。」と福祉に対して前向きにとらえる児童が増えました。

上千葉小学校

◆具体的な活動実績・及び予定

  • 出前講座(4年生対象に福祉体験出前講座を計画中)
  • 募金活動(代表委員会を中心にユニセフ募金に全校で実施)
  • 地域清掃活動(コロナ渦以前に実施)
 

◆メッセージ

あらたに福祉教育推進協力校として取り組むこととなりました。身近なことからすすめていきます。

亀青小学校

◆福祉教育の実績

  • 出前講座(1年生手話コーラス、2年生盲導犬講座、4年生高齢者疑似体験)
  • 地域清掃(クリーン作戦)
  • 花壇の整備、地域への花の苗配布(グリーン委員会)
  • 募金活動(ユニセフ募金)


◆メッセージ

教科学習と関連させ、学年で系統性のある福祉教育を意識して学習を進めています。

小松南小学校

◆福祉教育の実績

  • 出前講座(車いす体験、手話ダンス、点字体験、視覚障害者とのふれ合い、認知症理解など)年間1回
  • 地域清掃(荒川クリーンエイド)年間2回
  • 募金活動(ユニセフ募金、愛の光運動)年間1回


◆メッセージ

障害者との交流を通して、互いの心情を考え、支え合うことの大切さを学び、思いやりの心を育むことができました

柴原小学校

◆福祉教育の実績

  • 出前講座(車いす体験、アイマスク体験など)年間2回
  • 地域清掃 年間3回
  • 募金活動(校内でユニセフ募金)年間1回 
  • ボッチャ体験 年間10回


◆メッセージ
車いす体験やボッチャ体験を通して子どもたちは「福祉」を身近なものとして感じられるようになりました。

清和小学校

◆福祉教育の実績

  • 全学年でボランティア出前講座の実施
  • 清掃活動(学校の周り等) 年間5回×各学年
  • ユニセフ募金 年間1回
  • ペットボトルキャップ回収活動通年
 

◆メッセージ

各活動を通して、社会には様々な人が生活していることを知り、人々のことを思いやれる児童を目指しています。

高砂小学校

◆今年度 活動内容

  • パラリンピック・車いす体験学習(講師:車椅子陸上 安岡チョーク選手)
 

◆今後の予定

  • ブラインドサッカー体験(年1回)
  • 点字、白杖、車椅子体験(年1回)
 

◆メッセージ

講演、車椅子体験を通してパラリンピックへの理解が深まり、関心をもって観戦した児童がたくさんいました。

中青戸小学校

◆福祉教育の実績

1年・2年 手話
3年 盲導犬
4年 点字 アイマスク
5年 車いす
6年 高齢者疑似体験

◆メッセージ

本校では、6年間を見通し、計画的に福祉について体験的な学習を行うようにしています。

西小菅小学校

◆福祉教育の実績

  • 出前講座(手話体験、点訳体験、車いす体験、アイマスク体験など)年間4回
  • 地域清掃(セブン公園、荒川河川敷)年間1回
  • 募金活動(校内でユニセフ募金)年間1回
 

◆メッセージ

出前講座で様々な体験をしたことで、困っている人を助けようという思いをもつ児童が増えた。

東綾瀬小学校

◆福祉教育の実績

  • 出前講座(車いす体験、点字体験、アイマスク体験など)年間4回
  • 地域清掃(学校周辺)年間1回


◆メッセージ

講座や体験を通して、社会には様々な人が一緒に生活していることを理解した児童が増えました。

東水元小学校

◆各学年の福祉教育の実績

1年生 「盲導犬について」
2年生 「手話の体験学習」
3年生 「車いす体験学習」
4年生 「ボランティアについて」
5年生 「認知症について」
6年生 「高齢者疑似体験学習」

 

◆メッセージ

本校では、各学年で「福祉教育」について学び、自分で考えて行動できるようと学習しています。身近なことと捉え、更に福祉教育の充実を図っていきます。

二上小学校

◆福祉教育の実績

  • 出前講座
    (車いす体験→今年度は実施できず)
    (認知症サポーター養成講座)
  • 募金活動 年間3回
  • 交流活動
    (デイサービストーリツとの交流)
 

◆メッセージ

「自分たちで何かできることはないかな?」と考えいろいろな物を作り、ボランティアマインドが育ちました。

綾南小学校

◆福祉教育の実績

  • 点字体験
  • アイマスク体験
  • 車いす体験
  • 盲導犬


◆メッセージ

体験を通して「困っている人がいたら助けてあげたい」と考える児童が増えました。

綾瀬中学校

◆福祉教育の実績

  • 出前講座 年間1回(車いす体験、手話体験)
  • 地域清掃 年間1回(小菅めぐみ公園)
  • 地域祭り 年間2回(準備・片付け・清掃)

◆メッセージ
地域の方々とのつながりが深く、子どもからご高齢の方まで幅広い交流ができる学校です。ボランティアを通じて、公共心や地域を大切にする心を育んでいます。
※新型コロナウイルスの影響により今年度は中止となっております

一之台中学校

◆福祉教育の実績

  • 地域の保育園や高齢者施設での奉仕活動
  • 募金活動(盲導犬や被災地の支援を年数回)
  • 講演会(視覚障害や障害者スポーツの理解)
  • 地域清掃(年1回)


◆メッセージ

盛んなボランティア活動を通して、福祉を身近なものと捉える生徒が 育まれると考えます。

桜道中学校

♦福祉教育の実績

  • 出前講座(講演会) 年1回
  • 地域ボランティア 年20回
  • 校舎ペンキ塗り(学校地域応援団との協働作業) 年1回
 

♦メッセージ

桜色のベストやウインドブレーカーを着て、ボランティアを行っています。地域ボランティアの活動は、桜道中学校の生徒の誇りです。

中川中学校

◆福祉教育の実績

福祉教育として、講師の先生をお招きし、車いす体験と点字体験を行いました。実際に文章を打ちながら点字について学ぶことで、難しい点字を楽しく学ぶことができました。

◆メッセージ

今回の福祉体験を基盤として、福祉とは・・・ボランティアとは何かを考え、さらに学習を深めました。

堀切中学校

◆活動内容紹介

  • 手話体験の出前講座(9月)
  • 赤い羽根共同募金(10月)
  • 校内の落ち葉はきボランティア(11~12月)
  • 吹奏楽部によるボランティア演奏会(例年は年2回)


◆メッセージ

様々な活動は、生徒たちが「自分たちにもできる福祉・社会貢献活動」を見つけるきっかけになっています。

東京都立南葛飾高等学校

◆福祉教育の実績

  • 出前講座(車いす体験)年間1回程度
  • 地域清掃(本校周辺地域)年間1回程度


◆メッセージ

講座や体験を通じて、自助・共助の大切さを実感として抱く生徒が増えました。

東京都立葛飾ろう学校

♦福祉教育の実績

  • 出前講座(聴覚障害の先輩とのワークショップ)年間1回
  • こども食堂との交流(手話講座、食育、料理の提供等)
    コロナの状況により適宜実施


♦メッセージ

都立学校ですが、区と連携を図って地域との共生を進めていくことが大切だと改めて感じました。

この他にも、福祉教育推進協力校があります。

小学校

  • 飯塚小学校
  • 道上小学校

中学校

  • 小松中学校

※3月に今年度実施分の報告のため、パネル展を開催予定です。

福祉・ボランティア出前講座

地域の方や小・中学生向けに、福祉やボランティア活動を身近に感じ、理解を深めていただくため、福祉関係者やボランティアを講師として派遣し、講座を開催します。

lecture02.gif

 

小学生ボランティア活動体験

小学生とその家族等を対象に、様々な分野でのボランティア体験活動を通して、優しさや思いやりなどの福祉の心を育み、ボランティア活動をするきっかけとします。

学校などの休み期間中にボランティアを希望される方へ

ボランティア・地域貢献活動センターは、春・夏休みにボランティア体験をされる方へ施設の情報やボランティア保険についてサポートを行っています。
休み中にボランティア体験をご希望の方は、募集施設の一覧から活動希望先に相談するかボランティア・地域貢献活動センターまでお問合せください。

 

この情報はお役にたちましたか?

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。

このページは理解できましたか?

理解できた  どちらともいえない  理解できなかった 

このページは見つけやすかったですか?

見つけやすかった  どちらともいえない  見つけにくかった 

ご意見、ご感想

このページに関してご意見がありましたらご記入ください(500字以内)。ページ内容改善の参考とさせていただきます。この欄からのご意見・問い合わせには返信できませんのでご了承ください。
返信を要する質問・ご意見は、お問い合わせからお願いします。

葛飾区社会福祉協議会

お問合せ

  • 住所
    〒124-0006 東京都葛飾区堀切3-34-1
    地域福祉・障害者センター(ウェルピアかつしか)【 交通アクセス
  • 電話 / FAX
    電話:03-5698-2411(代表) / FAX:03-5698-2513(代表)
  • 受付時間
    午前8時30分から午後5時(土・日・祝日・年末年始は休み)
    ※ボランティア・地域貢献活動センター 第1・3土曜日 開所
    ※ファミリー・サポート・センター 第3土曜日 開所(予約制)

Copyright © 2014 KATSUSHIKA Council of Social Welfare. All Rights Reserved.

福祉のためにできる事が身近にあるよ!